物語の両サイドのマルボタンを同時に押して扉を開けてのエリアについての話をします

主人公たちは、次に、そのエリアに、移動してから、マルボタンを、同時に、押そうとするのですが、扉の、両サイドの、マルボタンが、離れて配置してあるため、1人では、同時に押して、扉を、開けることが出来ません。何歩か歩かなければ、ならない距離では、あるのですが、短い距離となっていて、左右同じ位置に、マルボタンが、配置されています。何かの道具、例えば長い棒などを使い、届けばそのマルボタンを、1人であっても2つ同時に、押すことが出来ます。片手に、長い棒と、片手は、素手であっても、もちろん大丈夫です。長い棒と、素手が、マルボタンを、押すことに、対し、どちらであっても同じ効果を、得ることが出来ます。押すこともその状態に対し、どうしたらその扉を開けることが、出来るのか、少し考えたらすぐに、答えの出せる内容なのですが、要するに、2人で、1人づつのマルボタンを、押せばよいのです。位置としては、扉が、真ん中にあって一人で、マルボタンを2つ同時に、その状態で素手で、押さなければならないなどの、無理な決まりはなく、とにかくマルボタンを、同時に押す事さえ出来るなら、その扉を開けることが、出来ます。主人公と、メンバーの1人が、二人で同時に、マルボタンを、押して、真ん中の扉を開きます全身脱毛サロンおすすめ人気ランキング